GOODS

Vintageのススメ

寒い日が続きますね。yujiは凍ってしまいそうです。

 

1月に残ったら買おうと密かに検討したコートは先日自ら最後の1着をご紹介。。。

 

何か欲しいのです!

この気持ち、シンクロしている方と思います!

全国1億2千万人のをお洋服好きな皆様、お気持ちわかります!

春までまだ寒い日は続きますからね。。

 

特に気になるのが、街でも雑誌などでも不動の位置を確立しているロングコート。

ユーロファッションのコーディネートは最早、巷では一つの定番になってきています。

 

但し、満足のいくコートには中々出会えない。

もっと言えば、流行りの中から飛び出せるような、他の人は持っていない1点物が欲しい。

 

ビンテージは一つの解答ですよね。

 

数々のブランドがイメージする洋服のオリジナルであるビンテージを纏い、

自分だけのコーデを完成させましょう!

よし、冬が乗り切れそうな気がしてきました!

 

ということで今回は、気になる方も、古い服が未経験な方も、

この機会に楽しく触れて欲しいビンテージの世界を、

vintage教授と呼ばれてみたいyujiからご紹介。

 

それでは行ってみましょう!「vintageのススメ」

トップバッターはまずこちら!

 

 

Loden wool coat/Austria  ¥26.800 +tax    Polo neck knit/Ireland     ¥25.800 +tax

 

早速ロングコートの登場です。

細かい千鳥格子のようなチェックのコート。今まさに欲しい丈感。

お洒落の条件が良い上に、使われている生地はオーストリアの伝統的なローデンクロス。

柔らかい生地感でありながら厚手で丈夫、防水性も兼ね備えた万能な素材として古くからコートに用いられています。

日本の寒い冬にしっかり対応してくれるでしょう。

こういう1着を手に入れて欲しいです。

ハイネックは勿論、パーカーなど入れても良さそうですね!

 

 

Vintage balmacaan coat/ ¥26,800 +tax

 

ネイビーのロングコートは皆が探しているだけに、こだわりたいのはサイズ感ですがこちらも抜群。

ちょうど良いとはこの事です。

無名にしてこの塩梅。

気がついたら相棒のように着まわして、何かあればすぐ頼れる1着になるでしょう。

要チェックです。

春になったら白のカットソー1枚でどうぞ。

 

Vintage 2tone leather bag

 

スウェードとのコンビが見事なオールレザーのリュック。

ボディのメインにスウェードが使われているので、くたっとした表情がまたvintageらしい。

ペイズリー柄の裏地が貼ってあり、荷物にもカバンにも優しい作り。

コートにデイパックは定番の合わせ、そこをレザーではずしたい方へ強烈にオススメです。

 

自分自身、お嫁さんに呆れられながら数々のカバンを買いますが、いつも悩みながらです。。。

しかし!レザーは出会いです!気に入ったら即決!

あの時買ってよかったと思うカバンはレザーが多い。

20年後の人生を豊かにしてくれます。

 

Gor’ray Pleats skirt/U.K. 

 

配色のいいタータンチェックスカート。

オニールなど、キルトスカートが密かな話題になる中、

より高品質なVintageウールのスカートで差をつけるのもいいかも。

こちらは50’sのイギリスのプリーツスカートブームを牽引したブランド。

正面はフラットに、後ろは美しいプリーツと2面展開。

後ろからの見栄えも抜かりなく楽しめます。

シンプルなニットやシャツなどのトップスと合わせて是非。

 

Ultimate Equipment  jacket / U.K.

 

ミリタリーやマウンテンスモックなどで今最も注目を浴びる国、イギリスの知られざる名品です。

スペックの高いアイテムを生み出していたイギリスのアウトドアブランド、Ultimate Equipment。

本気のアウトドアマン達に密かに支持されていた幻のブランドで、服のみならず、シュラフやバッグなど、

当時のクライマーの高いリクエストに答えてきた、高機能なお洋服が多かったようです。

中綿には軽くて暖かいDupont社のダクロンホロフィルを採用。軽くて暖かく、洗濯してもボリュームしっかりキープ。

 

旬なオレンジのカラーをビンテージアイテムで取り入れるのも嬉しいポイント。
ダウンジャケットには珍しくジャストなサイズ感となっており、コーディネートもすっと決まるでしょう。

 

これは欲しい。。

奇跡の2枚仕入れ、1枚は既に売れてしまい、本当の1点ものとなってしまいした。

現地での評価も高く、仕入れるプライスも高いのです。

皆さま、どうぞお早めに。

 

 

その他にも紹介したいビンテージはたくさん。

皆様是非チェックしてみて下さい!

 

それにしても書けば書くほど物欲が。。。

我慢できなかったら何か買ってしまおうかな。

 

寒い冬はお洋服で楽しく乗り切りましょう!

今週も元気いっぱいに皆様のご来店をお待ちしております!

 

yuji

 


お店の最新情報は—instagram—でどうぞ
TEL : 045-323-9396
D.M (instagram)でもお問い合わせを受け付けております。