EVENT

夏の浜、日々の服 -ジェン先生の服-
2017.6.17 sat -

 

「夏の浜、日々の服」

Cheng Huichung / TAIWAN

-ジェン先生の服-

 

2017.6/17 sat-

※売り切れ次第終了となります。

 

——————————

 

夏のアジアへの新たな開拓地へ、行き先は「台湾」。

 

台湾の伝統文化を守りながらも

かたち、素材、着心地、全て身体がうれしい服。

流行にとらわれず、普遍的な服。

動きやすくて、シルエットがきれいな服。

自然と身体に寄り添ってくれる、心地のいい服。

誰が着ても似合う、日々の服。

 

台湾では一目見ればわかるというほど愛されている

ジェン先生の服、買い付けてきました。

 

 —

 

台北近郊にアトリエ兼ショップを構える、ジェン・ホェギョンさん。

学生時代に織物を学び、その後、工場での織物の図面作成の仕事に携わっていたそうです。

 

時間に追われ、最大の利益を生む方法と効率ばかりを考え

工業製品のように淡々と生産される服を見る一方で

様々な先住民族から成る独特な国柄と、中国古来の伝統服に興味を持ったのです。

 

先住民族の服や道具には、機能だけでなく、身を守ってくれる模様や祈りが込められていたり

古くからの伝統文化がぎゅっとつまっており、暮らしや心を豊かにする大事なものでした。

 

彼は、台湾の民族の美しい伝統文化を守っていくため織図に起こし

それをヒントに服を作っています。

そこには、時間や利益は必要なく、すべて身体がよろこぶ服作りに徹しています。

 

ジェンさんの服は、通販などではなく、ジェン先生の自宅(兼アトリエ)に行き

ジェンさんから直接買うしか方法がありません。

それでもたくさんの人が求めにやってきます。

 

素材は、コットンや綿麻など、天然素材のもの。

自然素材による染色は、たくさんの色数を生み出し、やわらかでやさしい色合い。

 

誰がみても分かり、日常着なのでお洗濯も取り扱いも簡単。

ブランドタグや洗濯表示もありません。

 

伝統舞踊をする人にも着てもらい、動きのシルエットを確認するそうで

ジェンさんの服を求めに来る舞踏家も多いそう。

 

町を愛し、伝統を愛し育て

変わらず守り続ける、ジェンさんの服。

正直な身体に向き合える服。

 

まずは袖を通してみてください。

夏の浜にぴったりな、日常着です。

 

 

seki